近畿編   平成28年4月5日~4月8日まで関西方面のお城巡りに行ってきました。春欄間で各お城の桜満開で
          ライトアップが奇麗で特に姫路城は特別で何回見ても飽きない
            伏見城              伏見城              伏見城
 伏見城
豊臣秀吉の隠居として建設慶長2年)に完成した
秀吉の死後、五大老筆頭の徳川家康が
入り政務をとった。
関ヶ原前に家康の家臣鳥居元忠ら石田三成に
迫られ自刃焼失した伏見城は1602年(慶長7年)
ごろ家康によって再建され、1619年(元和5年)に
廃城とされた。
昭和36年に伏見桃山城キャッスルランド」が建設され、
その後倒産して京都に寄贈するが、耐震に問題があり
修復に高価格2012年10月時点では具体的に活用がない
 
 
        水口城跡           水口城跡         甲賀忍術館 
 水口城
3代将軍徳川家光が京都への上洛の際の宿館として、
道中の水口に築かせた。1682年(天和2年)に
加藤明友が2万石で入城し、水口藩が成立した。 
加藤家:(譜代格) 2万石(1682年 - 1695年)2代
鳥居家:譜代 2万石(1695年 - 1712年)1代
加藤家:(譜代格) 2万5,000石(1712年-1871年)9代
甲賀五十三家筆頭望月本家の旧邸
からくり仕掛け、忍者の道具等の展示や説明
 
        伊賀上野城           伊賀上野城         伊賀上野城 
 伊賀上野城
織田信雄(北畠信雄)の家臣である滝川雄利は
平楽寺の跡に砦を築いた。その後天正13年(1585年)
に筒井定次によって改修 
慶長16年に徳川家康の命を負って藤堂高虎が拡張した
筒井家:20万石。外様  富田:外様。5万石(1595年-)
藤堂家:外様 27万950石 12代
大阪に続ぐ石垣の高さ約30mである
 
        大和郡山城           大和郡山城         大和郡山城 

 大和郡山城 
築城は郡山衆及び筒井順慶で1585年豊臣秀吉の
弟豊臣秀長が大和・和泉・紀伊国100万石余の領主
秀長死後、五奉行の一人増田長盛が22万3千石の領主
江戸期の歴代城主は水野家〔宗家〕、松平(奥平)家
松平(藤井)家 、本多家:譜代12万石→5万石 5代
柳沢家:譜代 15万1000石 (1724年 - 1871年)6代
大和郡山城は桜の名所と有名で近鉄橿原線とコラボ
ベスト撮影スポットである。現在追手門と追手向櫓、
東櫓あり、現在天守台の石垣修復中で、石垣に寺院の
石地蔵や墓石、仏塔
 
        岸和田城           岸和田城         岸和田城 
 岸和田城
羽柴秀吉の紀州征伐の拠点として再築城され。
豊臣秀吉は小出秀政3万石城主に
小出家:外様 3万石→5万石(1600年~1619年)
松平〔松井〕家:譜代5万石→6万石(1619年~1640年)
岡部家:譜代5.3万石 (1640年~1871年) 13代
大雨の中で桜満開で綺麗な堀、天守は10:00よりで
登城せずライトアップも良いようで再度来たい
昭和29年天守再建、昭和44年城門と櫓再建
 
        和歌山城           和歌山城         和歌山城 
 和歌山城
豊臣秀吉の弟・秀長が築城して紀伊・和泉の2ヶ国を
治める普請奉行に藤堂高虎、補佐役に羽田正親、
横浜良慶を任じ、1年で完成させた。
江戸期は徳川御三家の一つ紀州藩紀州徳川家の
居城である。浅野家:外様 37万6,000石
徳川家(紀州徳川家):親藩 55万5,000石11代
明治4年廃城令により解体もしくは移転、昭和10年国宝
昭和20年に空襲により炎上、昭和33年により再建
平成18年御橋廊下復元開始
 
        明石城           明石城         明石城 
 明石城
徳川幕府が西国の外様大名の抑えの城として、
譜代大名たる小笠原氏10万石の居城として城郭を、
建設するよう、第2代・将軍徳川秀忠より築城命令された。
小笠原家 、松平〔戸田)〕家 、大久保家、
松平〔藤井〕家、本多家、
松平〔越前〕家:親藩6万石→8万石(10万石格)10代
天守は建設なく櫓合計:20基、門合計:27棟あった。
現在の櫓は2つで明治34年- 巽櫓と坤櫓の修理
 
        姫路城           姫路城         姫路城 
 姫路城 
姫路城の始まりは、1346年の赤松貞範による
築城が有力戦国時代は黒田家、羽柴家が
城代となる、山陽道上の交通の要衝で姫路城は
本格的な城郭に拡張
池田家:外様 52万石3代、本多家:譜代15万石3代、
松平(奥平)家、松平(越前)家、榊原(松平)家
、松平(越前)家本多家、榊原家、松平(越前)家、
酒井家:10代
昭和6年)1月、大小天守など8棟が国宝に指定
1993年世界文化遺産
平成大修理後ライトアップ奇麗、
中央の画像は夕陽照す
 
        立雲峡より竹田城           立雲峡より竹田城         立雲峡より竹田城 
   竹田城
永享3年(1431年)に但馬守護山名宗全(持豊)
によって築城され、太田垣光景が初代城主と
言われる伝承を紹介している。
秀吉は秀長を有子山城主に、秀長の武将で
ある桑山重晴を竹田城主にそれぞれ命じた。
江戸幕府の方針により、竹田城は廃城となった。
東に立雲峡を望む標高353.7mの古城山(虎臥山)
の山頂に築かれ縄張りは南北約400m、東西約100m。

立雲峡から撮影予定で山頂へ登る途中雨降り出し
山頂断念する。桜が両方満開で綺麗、立雲峡の
駐車場は天気悪いのか空き多い
 
        福知山城           福知山城         福知山城 
 福知山城
小笠原長清の末裔とされる福知山地方の国人
塩見頼勝が、八幡山の脇に掻上城を築城した
のが始まりと言われる。丹波国を平定した
明智光秀が築城し、女婿の明智秀満を
城主とした。
 福知山城
江戸幕府歴代藩主
有馬家:6万石→8万石 外様、岡部家、稲葉家、
松平(深溝)
朽木(くつき)家:3万2000石。譜代 13代
天守の石垣には宝篋印塔、五輪灯篭どの石造物が
大量に使用

 
        丹波篠山城跡           丹波篠山城跡         丹波篠山城跡
丹波篠山城
徳川家康は豊臣、西国諸大名のおさえとするのが
目的で築城を命じた。藤堂高虎が縄張を担当した。
普請総奉行を池田輝政が務め6か月で完成した。
江戸幕府歴代藩主
松平〔松井〕家、松平〔藤井〕家、松平〔形原〕家5代
青山家:譜代 5万石 (1748年 - 1871年)6代

明治6年) - 城郭の建造物が取り壊され始めた
昭和19年)1月6日 - 失火により大書院が焼失
昭和28年)頃 - 内堀が埋め立てられ、公園化が進む

 
   山陽編      2017年4月11日~16日4泊5日で岡山・徳山・広島・岩国へ お城巡りと
             名所旧跡へ行きました。
             今年は全国的に桜の開花が遅れて、昨年と同様満開で城には桜が良い
         岡山城              岡山城           岡山城 
 
 岡山城
戦国時代に宇喜多氏が本拠とした
関ヶ原の戦いで西軍の主力となって
宇喜多氏は改易後、小早川秀秋が入城
別名に烏城(うじょう)、金烏城(きんうじょう)
小早川秀秋は1代で改易後、池田家10代幕末
昭和6年に天守閣は
国宝となるが
昭和20年6月空襲で破壊
昭和41年再建(天守・不明門・廊下門)
月見櫓(重要文化財)
後楽園からの岡山城の景観すばらしい 
 
          福山城           福山城             福山城 
   
 福山城
福山城は水野勝成が1622年に完成した。
別名久松城、葦陽城という。平城で五重天守や
三重櫓7基、二重櫓16基あり 
       画像は御湯殿と月見櫓
水野家5代→松平〔奥平〕家→阿部家10代 
昭和6年に天守、伏見櫓、筋鉄御門、御湯殿が
国宝となるが、昭和20年8月空襲で壊滅して、
昭和41年天守、月見櫓、御湯殿が復興 
 
伏見櫓(重要文化財)
伏見櫓は慶長6年前後に建てられたと
推定される。伏見城松の丸の東櫓を
元和6年に移築したものである
福山城で唯一の現存する櫓
 
          福山城           福山城             因島城 
   
鐘櫓手前が火灯櫓跡
 
阿部 正弘の像
備後福山藩第7代藩主。江戸幕府の老中首座を
務め、幕末の動乱期にあって安政の改革を
断行した。 
因島水軍城
「村上海賊(村上水軍)」の貴重な資料を展示した、
日本で唯一の 水軍城。この位置には過去に天守が
存在していたことはなく、いわゆる城郭風建築物になる。
 
          広島城           広島城             広島城 
     
 広島城
毛利輝元が太田川河口のデルタ地帯に
築いた平城江戸時代初頭に入城した
福島正則の増築する。名古屋城、岡山城と
共に日本三大平城に数えられる。
昭和6年1月に
国宝となる
 広島藩
福島家(改易)→浅野家(12代)
広島城の履歴
明治に歩兵第11連隊設置、第五師団、広島大本営、
幼年学校、昭和20年8月原爆により破壊される。
昭和33年6月天守再建
左から、表御門・平櫓・多聞櫓・太鼓櫓
平成元年から6年二の丸の復元や堀の浄化作業
 
 
           岩国城
            岩国城               岩国城 
     
 岩国城(横山城)
慶長6年には吉川広家が赴任と岩国城の
築城が開始された。麓に平時の居館となる
「土居」と、戦時の城「横山城」が横山山上に
築かれた。8年後完成
 岩国藩
関ヶ原の戦いに敗れた毛利輝元は萩城に移封と
削減されたが吉川家は東軍につき
岩国3万石なるが同族の毛利家の支藩として
一国一城により8年後完成したが廃城となる。
別な位置に昭和37年に天守再建、上画像は
天守閣より土居見る

 岩国城と錦帯橋
日本三名橋や日本三大奇橋
錦帯橋は1673年、岩国藩主吉川広嘉に
よって建造されたものである

 
 
    追加画像
          大阪城           松江城              
 
 大阪城 1984年撮影
1583年に豊臣秀吉が築城後1629年徳川家康が修築
江戸時代は天領地となり、大阪城代が預かる
1665年落雷により天守火災消失し、その後天守はない
1931年復興天守建設(SCR)現代にいたる
 
 松江城(国宝)千鳥城 1986年撮影   
1611年堀尾氏築城完成 城主は堀尾氏3代
松平氏(越前)18万石10代続く
1935年に重要文化財 2015年に
国宝に指定される



 
 
  
日本のお城画像集   関西・山陽・山陰