日本のお城画像  東北~中部~北陸
趣味TOP HOME
   東北編      2017年5月16日~18日2泊3日で世界遺産の平泉と東北のお城巡りと名所旧跡へ行きました。
               東北の青空と新緑と残雪は素晴らしい
         白石城               白石城            白石城 
 
白石城(別名益岡城)
宮城県白石市にあった城である。
主として仙台藩伊達氏の支城として
用いられ片倉氏が代々居住した。
会津に封された蒲生氏郷の家臣・蒲生郷成
によって本格的に築城
江戸幕府の一国一城制の対象外とされて
明治維新まで存続した。1819年 火災で焼失する。
4年後の片倉宗景の時に再建、戊辰戦争の際、
東北諸藩の代表たちが白石城に於いて
白石列藩会議を開く。 1875年 - 白石城破却
 平成7年木造天守閣復元 
 
         上山城               上山城            青葉城跡 
上山城
上山には天童氏(最上氏庶流)の一門上山氏が
城を持っていた。城主上山義房は滅亡。
伊達家臣小簗川貞範がこの地に入った。
その後、上山義房の子武衛義忠が城を奪還。
義忠によって改めて築城された平山城が現在の
上山城である。廃城令の影響で1873年より
取り壊されたり払下げる
昭和57年3層の模擬天守が建立
上山藩
最上家:52万石山形全域を治めるが 
御家騒動で改易後上山藩、本荘藩、鶴岡藩など
様々な藩が立藩された。
松平(能見)家4→蒲生家→土岐家(2→
金森家→松平(藤井)家10代 明治維新
青葉城跡
AM9時に到着して観光客少なく
良い画像撮影できる
 
         白河小峰城            白河小峰城           白河小峰城 
白河小峰城
小峰ヶ岡という丘陵にあった平山城である。
1340年)に結城親朝が小峰ヶ岡に築城して
小峰城と名づけたのが始まりとされる。
1629年)より城郭の大改築に着手、3年の
歳月を費やして寛永9年(1632年)に完成した。
1868年戊辰戦争で大半を焼失し落城した。
白河藩歴代藩主
丹羽家2代→松平〔榊原〕家2代→本多家 2代→
松平〔奥平〕家→松平〔越前〕家3代→
松平〔久松〕家4代→阿部家8代→天領
10万石~15万石
2014年に行きましたが2011年3月東日本大地震により
石垣が数か所崩落と天守に影響で工事中で見れず、
今回は天守は修復完成で登城可能であるが一部の
石垣はまだ修復中
 
 
 会津鶴ヶ城  会津鶴ヶ城  会津鶴ヶ城
福島県会津若松市追手町1-1にあった城である。
鶴ヶ城、会津若松城、黒川城とも言う
蘆名直盛が1384年に造ったのが若松城のはじまり
 
  江戸時代の城主
・蒲生家 外様 60万石  加藤家 外様 40万石
・保科(松平)家 親播 23万石 以下10代続く
天守閣より飯盛山を望む
戊辰戦争で天守閣は砲弾で破損され
1965年に再建された
 
 
二本松城跡  二本松城跡   二本松城跡  
福島県二本松市郭内にある城(平山城)
 別名は霞ヶ城・白旗城言う
 畠山氏7代当主・二本松満泰が、1414年に
 二本松城を築いた。 
 
箕輪門、附櫓を撮影
 江戸時代の城主
 ・松下家 外様 3万石  加藤家 外様 3万石
 ・丹羽家 外様 10万石→5万 以下11代続く
 
今回は箕輪門、附櫓のみ見学したが
 天守台やその他の石垣が整備されている
 
 
  関東編   
大多喜城  大多喜城 大多喜城
 
 
大多喜城(千葉)2014.2.6 連郭式平山城
1521年に真里谷信清(武田氏)が小田喜城を築城
江戸初期に徳川家康の武将”本多忠勝”によって
1975年再建
  大多喜藩の歴代城主
本多家 3代
10万石 ~3万石、阿部家・青山家・・・
松平(大河内)譜代 2万石→改易→2万石 9代 幕末
撮影スポットは新丁交差点の近くにある夷隅川に
かかる橋上からいすみ鉄道鉄橋と大多喜城がベスト
 
 久留里城  久留里城  久留里城
久留里城(千葉県君津市)
連郭式山城
室町時代に上総武田氏の武田信長が築城
戦国時代は里見氏、江戸時代には久留里藩として
藩庁となる。現代の模擬天守は日本で
一番小さな天守1979年のRCにて建造される  
久留里城(千葉)2014.2.6 撮影
久留里藩歴代藩主
大須賀(松平)家1代 3万石・土屋家3代 2万石
黒田家9代 3万石 幕末
  
現在の天守からの見る景色 
 
 舘山城   舘山城   舘山城 
舘山城(千葉)2013.8撮影  連郭式山城
1580年 里見義頼が築城 1614年舘山藩改易で廃城
別名:根古屋城
  
舘山藩歴代藩主
里見家 3代 12万石 改易
その後しばらく天領となり
1785年より稲葉家 5代 1.3万石 幕末
千葉城(亥鼻城)(千葉)2015.9撮影  
連郭式山城で中世は千葉氏の館があったが
江戸時代には天領地で藩ない
 
 忍 城  忍 城  小田原城 
  忍城 (埼玉)2013.6 撮影 平山城
1478年成田氏築城で豊臣秀吉が成田家を攻める。
水攻めで落城しなかった。
別名:忍の浮き城、亀城 映画「のぼうの城」で有名
 
忍 藩歴代藩主   
松平(深溝)家、松平(東条)家、松平(大河内)家
阿部家9代 10万石、松平(奥平)5代 10万石 幕末
小田原城(神奈川)2013.4 撮影 平山城
 
  東海・中部編  2014年11月18日より中部・東海のお城巡りに行きました   
 大垣城  大垣城 大垣城 
 
岐阜県大垣市郭町にあった平城。
別名は麋城、巨鹿城言う
1500年(明応9年)に竹腰尚綱によって造られる
1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いの際には
石田三成らが入城して西軍の根拠地
  
旧柳口門と右に艮櫓あり
歴代城主
石川家 譜代 5万石  ・松平(久松)家 親藩 2万石
阿部家 譜代 5万石  ・松平(久松)家 親藩 6万石
戸田家 譜代 10万石 11代
 
 天守台より市街地望む
昭和11年に国宝にしていされたが太平洋戦争
の空襲により天守や艮櫓などが焼失
天守の再建は1959年
 
 墨俣城   墨俣城  墨俣城 
岐阜県大垣市墨俣町墨俣。
1566年美濃侵攻にあたって、木下藤吉郎が
短期間で造った一夜城で江戸期にはない
 
 
墨俣城天守閣より岐阜城を望む
岐阜城を模写して作る
 
天守閣より長良川見て遠くに岐阜城
 
 岐阜城  岐阜城  岐阜城
岐阜県岐阜市(旧・美濃国井之口)の金華山
(稲葉山)にある山城跡。稲葉山城とも言う
1539年斎藤利政が、稲葉山山頂に城作り
1601年家康は岐阜城の廃城を決め加納城を築城
山頂からの岐阜城は撮影困難
天守閣より長良川を望む
1956年再建 
 
長良川の河川敷より撮影
2015年10月に再度撮影
 
 犬山城  犬山城  犬山城
 
 
 
 犬山城 (国宝)
愛知県犬山市にあった城である。 国宝の一つ
 別名は白帝城、
木曽川沿いの高さ約88メートル
 ほどの丘に築かれた平山城である
 
木曽川対岸より夕日の犬山城
 犬山藩歴代藩 小笠原家:譜代5万
    平岩家 :11万石 (尾張藩家老)
    成瀬家 :3万石 (尾張藩家老
 
天守閣より木曽川の堰を見る。
 御嶽山も見える
 
 
 清州城   清州城   清州城
     
愛知県清須市一場にあった城。平城
 信長は、この城から桶狭間の戦いに
 出陣するなど、約10年間清須を居城とした。
 望楼型3重4階 1989年RC造模擬
 
織田信長がたおれて、跡目相続で清洲会議後、
 織田信雄が城主となる
 1595年)には福島正則の居城
 慶長12年(1607年)には家康の九男徳川義直
 慶長14年(1609年)名古屋と統合され廃城となる。
 
 天守閣の最上階より名古屋城を望む 
 
 名古屋城  名古屋城  名古屋城
愛知県名古屋市。平城
名古屋城は、織田信長誕生の城とされる。
別名金鯱城、金城、柳城、亀屋城、蓬左城。
姫路城、熊本城とともに日本三名城に数えられる
 
 歴代城主       天守閣と西南隅櫓
徳川氏の支系徳川御三家の一つで、尾張藩主の家系
徳川御三家の一つでもある尾張徳川家17代の居城
徳川御三家中の筆頭格
正門(榎多門)の菊人形
 尾張藩主 徳川光友公
  
 
岩崎城   岩崎城   岩崎城 
        
愛知県日進市岩崎)にあった戦国時代の平山城
天正12年(1584年)に起きた岩崎城の戦いとは、
小牧・長久手の戦いのうち長久手の戦いの緒戦と
なった戦いである。
 
昭和62年(1987年)には、展望塔として五重構造の
天守閣(模擬天守)が築城、「岩崎城址公園」として
整備された
 
岩崎城の駐車場と入口 
 
 吉田城  吉田城  吉田城 
   
愛知県豊橋市今橋町、豊橋公園内)にあった城
幕藩体制の下で吉田城に三河吉田藩の
藩庁が置かれた別名:吉祥郭、峯野城、歯雑城。
 
三河吉田藩歴代藩主
松平(竹谷)家3万石→松平(深溝)家3万石→
小笠原家4万石→牧野家8万石→
松平(大河内)家7万石
  
吉田城は豊川と朝倉川合流地点に立地。
 天守閣はなく画像の鉄櫓が代わりとなる
  
 
  岡崎城   岡崎城  
 
 岡崎城
(愛知)2013.11撮影 連郭式平山城
徳川家康の生地である。1452年西郷稠頼・頼嗣築城
別名:龍城
岡崎藩歴代藩主
本多家 4代 5万石、水野家 7代 6万
松平家(松井)1代 5万
本多家 6代 5万石 幕末
 
 
 浜松城  浜松城  浜松城
 
静岡県浜松市中区にある城。野面積みの石垣で有名。
1570年)に家康は武田信玄の侵攻に備えるため
本拠地を三河国岡崎から遠江国曳馬へ移した。
別名:出世城  半円郭式平城
 
浜松藩歴代藩主
松平(桜井)家5万石→太田家3万石→青山家 5万石
松平(本庄)家7万石→松平(大河内・長沢)家7万石

松平(本庄)家7万石→井上家6万石→水野家5万石
井上家6万石
 
垣が有名で家康が武田との三方ヶ原での
 逃げ込んだ居城
  
 
掛川城   掛川城 掛川城 
     
静岡県掛川市掛川)にあった城である
慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは山内一豊は
居城である掛川城を真先に家康に提供する、
別名:懸川城、懸河城、雲霧城、松尾城
 
掛川藩歴代藩主
松平(久松)家1万石→安藤家3万石→
松平(桜井)家4万石→井伊家3.5万石→
小笠原家6万石→太田家5万石
 
豊臣時代に山内一豊の居城で、関ヶ原開戦前に
徳川家康に引き渡して味方した功績で土佐国を
与えられた有名な話である。
 
 
小山城   小山城   小山城 
   
静岡県榛原郡吉田町にかつてあった城である。
今川氏を倒した武田氏により、1571年築城された。
582年(天正10年)、甲州征伐のため駿河・甲斐に
向け出陣した徳川家康の攻撃を受け落城した。
江戸時代は藩と城はない
 
土塁と橋を復元
城内部には地元刀工島田義助系の刀剣が多く展示 
天守閣より富士山を望む 
 
信州・越前・中部編      2015年10月26日より信州・越前・中部のお城巡りに行きました。
                  現存天守12の内3天守があり、国宝と重要文化財があります。
                  そして最近話題の”天空の城”大野城・郡上八幡城の撮影にわくわくしている。 
 
松本城   松本城  松本城  
   
 松本城(国宝)
長野県ある名城で国宝、信濃守護家小笠原氏に
より築城1582年小笠原貞慶が旧領を回復し、
松本城に改名 別名:
烏城  
松本藩歴代藩主
1590年~1613年:石川数正 外様 10万石 改易
1613年~1633年:小笠原家 譜代 8万石
松平(戸田)家
水野家6代 、松平(戸田)家9代 
 太鼓門(建替え) 
 
郡上八幡城城    郡上八幡   郡上八幡
 
 郡上八幡上城  2015.10.27撮影 平山城
岐阜県郡上八幡市にある城で遠藤氏が砦を作り
稲葉貞通が築城する。明治維新後廃城されすべての
建物取り壊される 
 
 郡上歴代藩主
遠藤氏2.5万石 8代 井上氏5万石 2代 
金森氏3.8万石2代
 青山氏4.8万石 7代 
日本4大天空の城で有名、今回は国道通行止めで
行けず、天守より郡上八幡市一望でき盆踊り有名
近年の天守は昭和8年に模擬天守として再建する
木造天守は近年では一番古い 
 
大野城    大野城   大野城
 
 越前大野城  2015.10.27平山城
福井県大野市にある城で、1575年金森長近に
より築城1775年に焼失で、1977年天守除く再建
現在の模擬城は昭和43年に鉄筋コンクリート
構造で再建 別名: 
 
大野藩歴代藩主
江戸初期頃は藩主が頻繁に替る、結城秀康~
松平直政(秀康の6男)4代 5万石
土井家 譜代 4万石 8代 幕末
 
日本4大天空の城で有名、夜中と朝に雨降る中
傘を持って天空撮影場所の犬山へ登るが急坂で困難
山頂は霧でボヤケていたが一瞬霧が無くなり見えるが
暖かい気温と雨上がりで天空の城とならず  
 
丸岡城    丸岡城 大野城 
 
 丸亀城 2015.4.9  連郭式平山城
香川県丸亀市にある城で、現存する12天守で
重要文化財
室町初期に細川家家臣の奈良元安が築城する
豊臣時代に生駒家が讃岐17万石で丸亀は支城となり、
日本一の石垣が有名 別名:亀山城、蓬莱城
 
丸岡藩歴代藩主
本多家 4代 譜代 4.3万石  
有馬家 8代 外様 譜代 5万石  幕末 
大野城のライトアップ 
 
長浜城   彦根城  彦根城
 長浜城  2015.10.28  平山城
豊臣秀吉の出世城と言われ、初めて一国一城なる
江戸期には廃城となり、資材は彦根城に使用された。
現在の模擬天守は1983年に犬山城と伏見をモデルとして
再建される。琵琶湖の湖畔で景色いいです
 彦根城のライトアップ  彦根城のライトアップ
 
彦根城   彦根城  彦根城
 彦根城(国宝)  平山城
1622年井伊直継が築城、井伊直政は徳川四天王の
一人で関ヶ原の戦いで軍功により近江佐和山の
石田三成の居城に入城18万石を賜って以後2代の
直継が琵琶湖湖畔に城を築城する。 
玄宮園から天守を望む
井伊家17代続き幕末の16代直弼は幕府の大老となり
桜田門の変で暗殺されたのは有名 
 太鼓門に入る手間で天守見える
 
    追加画像 
弘前城 岐阜城  関宿城
 弘前城重要文化財) 1985年5月撮影
1627年に大火災で現在の天守の3層3階は
1810年に再建された。現在本丸石垣修復により
天守は移動されている。
城主:津軽氏12代 外様 4.5万石~10万石
桜の名所ですばらし 
 岐阜城(金華山・稲葉山) 1980年代に撮影
戦国時代に斉藤家の居城で織田信長奪取
江戸時代は廃城された。明治43年再建されたが火災
現在の天守は1956年CRにて再建する


  関宿城(千葉県野田市)  2017年5月撮影
利根川と江戸川の分流に一角にあり、江戸~明治に水害
被害が多く城も破壊された、現在の天守は博物館として
1995年に再建、旧城跡は600mの先にあった。
江戸時代の城主は譜代大名で長く続いたのは久世氏
 8代 5万石
 
 
高田城 高田城  高田城
 高田城(新潟) 2013年4月撮影
新潟県上越市にある平城で、石垣のない城
近くに戦国大名の上杉謙信春日山の居城がある。
高田城は日本三大夜桜で有名
 高田城(鮫ケ城) 
徳川家康の六男、松平忠輝が天下普請として75万石入城
その後親藩・譜代が続き、松平(久松)家 5代 11万石
榊原家 譜代、15万石 6代幕末まで
明治3年)三重櫓が焼失、平成5年)に再建した三重櫓
  高田城(新潟県上越市)  
大雨の中に撮影で大変でした。
高田城は天守はなく、三層櫓と本丸御殿のみ
日本三大夜桜名所とは高田城公園、上野恩賜公園、
          弘前城公園
 
 
 
趣味TOP HOME