中部・東海 編
お城 top HOME
 
  2022年5月19日山梨県の100名城・続100名城巡りと神社仏閣巡りに行きました。
   
新府城・甲府城・躑躅ヶ崎館・要害山城及び武田神社・甲州善光寺・恵林寺 日帰りにて 
 甲府城 日本100名城(25番)   甲府城 日本100名城(25番) 甲府城 日本100名城(25番) 
 
   稲荷曲輪門
  
稲荷曲輪南西部にあった。薬医門。復元されている。
  
          数寄屋櫓跡を望む
  階段上がると数寄屋曲輪広場へ
  
          甲府城全体図
   全体に石垣が美しく良い城でありました。
   これで3回登城しましたが、復元門、櫓があり
   楽しかった。
 
 甲府城 日本100名城(25番)  甲府城 日本100名城(25番) 甲府城 日本100名城(25番) 
 
          銅門跡 
 本丸西側に位置し、鉄門と対だとされる門です。
 当時の礎石が残っています
           本丸広場より天守台
    そもそも天守が存在していたのか否かについて、
    議論や検証が続いている。  
         稲荷櫓
 稲荷曲輪北東にあった。復元されている。古写真が
 発見されている。二重櫓。二階に千鳥破風。別名丑寅櫓。
 平成15年に復元された。
 
 甲府城 日本100名城(25番) 甲府城 日本100名城(25番)  甲府城 日本100名城(25番)
 
        上がると天守曲輪へ
  上側には櫓か門があったような石垣である




              鉄門
 本丸搦手門にあたる。櫓門 平成22年には鉄門の復元が
 決定され、2013年度に完成


  
            謝恩碑 高さ約35m
 この記念碑は明治40年の大水害など度重なる水害に
 よって荒廃した山梨県内の山林に対し、明治天皇より
 山梨県内の御料地の下賜(かし)が行われたことに
 対する感謝と水害の教訓を後世に伝えるために
 大正11年)に建設された。
 
甲府城 日本100名城(25番)  甲府城 日本100名城(25番)  甲府城 日本100名城(25番)
 
   甲府城 遊亀橋 別名は舞鶴城、一条小山城
  梯郭式平山城 築城主:豊臣秀吉・徳川家康?
  1583年~1586年頃  
 
          天守台と石垣  甲府藩歴代藩主
 尾張徳川家→駿河徳川家→甲府徳川家2代→柳沢家2代
 1724年より幕府直轄領となり
  
              坂下門石垣
 積み方が違っていることから積んだ時代が違うと
 考えられている石垣が並んでいます。
 
 躑躅ヶ崎館 日本100名城(24番)  躑躅ヶ崎館 日本100名城(24番)  躑躅ヶ崎館 日本100名城(24番)  
 
   躑躅ケ崎舘 別名は武田氏館跡 連郭式平城
  築城主:武田信虎  築城年:1519年(永正16年)
 甲斐国守護武田氏の本拠である甲府に築かれた館
 武田氏3代が60年あまり本拠地として使用されました。

        躑躅ケ崎舘 (武田神社)堀に架けられた神橋
  武田神社の由来:武田信玄を祭神とする
 1915年(大正4年)、大正天皇の即位記念に武田信玄に
 従三位が追贈されたのを大正8年)には社殿が竣工し、
 信玄の命日にあたる4月12日には初の例祭が行われた。
      躑躅ケ崎舘の説明掲示板
 左図の左右に昔の舘の門石垣があります。
 じっさいには戦時のために裏山に詰城である要害山城を
 配置して、守りを固める構造になっています。
 
 
 躑躅ヶ崎館 日本100名城(24番)   躑躅ヶ崎館 日本100名城(24番)  躑躅ヶ崎館 日本100名城(24番)  
 
   躑躅ケ崎舘 神橋から堀を望む
 重要文化財(国指定):太刀 銘一(吉岡一文字)
 宝物殿には甲冑や甲州金など展示されている
  
          躑躅ケ崎舘 神橋から堀を望む
 今回で4度目の訪問で以前来た時は能舞台で披露
 されていた。 
          武田神社の本殿
 
 神社の本殿画像は神社仏閣をご覧下さい
 
 要害山城 続日本100名城(128番)  要害山城 続日本100名城(128番) 要害山城 続日本100名城(128番) 
 
   要害山城 別名は積翠山城
  甲府市上積翠寺町(かみせきすいじまち)にあった
  日本の城。躑躅ヶ崎館(武田氏館跡)の詰城として
  築かれた山城である。 
           要害山城
 標高770メートルの丸山と呼ばれる要害山中腹の傾斜地を
 中心に築かれている。築城は武田信虎時代の永正17年
 (1520年)6月であるという。
         要害山城への登山口
  途中まで登るが引き返す
 
 新府城跡 続日本100名城(127番)  新府城跡 続日本100名城(127番)  新府城跡 続日本100名城(127番)
 
   新府城 別名は韮崎城 連郭式平城
 甲府盆地西部に位置。釜無川と塩川が侵食して形成
 西側は侵食崖で、東に塩川が流れる。 天正3年
 (1575年)5月21日の長篠の戦いで敗れた後 
  車道から鳥居階段を登る(緩やかな登城口あり)
 築城は天正9年(1581年)から開始され、年末には勝頼が
 躑躅ヶ崎館から新府城へ移住している。翌年信濃の木曽義昌
 謀反鎮圧で諏訪へ出兵するが、
  
      階段を登りと稲荷神社本殿
 織田・徳川連合軍に阻まれて帰国、勝頼は3月に家臣の
 小山田信茂の岩殿城に移るために、城に火をかける。
 岩殿城に向う途中に笹子峠で信茂の謀反にあい、
 天目山に追いつ詰められ武田一族は滅亡する。
 
 新府城跡 続日本100名城(127番)  新府城跡 続日本100名城(127番) 新府城跡 続日本100名城(127番) 
          新府城本丸後
 石垣を使われない平山城で、本曲輪・二の曲輪・
 東の三の曲輪・西の三の曲輪・帯曲輪などにより
 構成され、丸馬出し・三日月堀・枡形虎口どの
 防御施設を持つ。
 
           新府城の構成図
 築城の時、普請奉行として真田昌幸と言われ、配下の
 国衆に人足動員を命じたものとされる

 
           新府城本丸跡
  本丸跡は平地で整備され、トイレも完備、野鳥も多く
  飛び回っております、コゲラ・キビタキ・オオルリ・ガビチョ
  ゆっくり野鳥撮影したいと思います。

 
 新府城跡 続日本100名城(127番)  新府城跡 続日本100名城(127番) 新府城跡 続日本100名城(127番)
           東大手門の馬出し跡
 大手馬だしは城門の前に築いて敵から人馬が見えない
 土手のことで、馬出しは甲州流築城法の特徴である
 二の丸等はまだ整備されず 
  
          東出構と西出構の堀の跡
 
 画像の盛り土が西出構で手前に東出構がある
  奥に乾門があります。

          乾門 枡形虎口
 発掘で門跡の柱穴が発見して現在は鉄蓋されている
 右側は七里岩の絶壁で下は釜無川である
 

 
  東海・中部編  2014年11月18日より中部・東海のお城巡りに行きました  
 大垣城 続日本100名城(144番)   大垣城 大垣城 
 
   大垣城 別名は麋城、巨鹿城 平城
 1500年(明応9年)に竹腰尚綱によって造られる
 1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いの際には
 石田三成らが入城して西軍の根拠地
  
           旧柳口門と右に艮櫓あり
     大垣藩歴代藩主
 石川家 譜代 5万石  ・松平(久松)家 親藩 2万石
 阿部家 譜代 5万石  ・松平(久松)家 親藩 6万石
 戸田家 譜代 10万石 11代  
 天守台より市街地望む
 昭和11年に国宝にしていされたが太平洋戦争
 の空襲により天守や艮櫓などが焼失
 天守の再建は1959年
 
 墨俣城   墨俣城  墨俣城 
 岐阜県大垣市墨俣町墨俣
 1566年美濃侵攻にあたって、木下藤吉郎が
 短期間で造った一夜城で江戸期にはない
 
 
 墨俣城天守閣より岐阜城を望む
 岐阜城を模写して作る
 
 天守閣より長良川見て遠くに岐阜城
 
 岐阜城 日本100名城(39番)   岐阜城  岐阜城
    岐阜城 
 (稲葉山)にある山城跡。稲葉山城とも言う
 1539年斎藤利政が、稲葉山山頂に城作り
 1601年家康は岐阜城の廃城を決め加納城を築城 
   
  山頂からの岐阜城は撮影困難
  天守閣より長良川を望む
  1956年再建 
 
        
 
 長良川の河川敷より撮影
 2015年10月に再度撮影


 
 犬山城 日本100名城(43番)  犬山城  犬山城
 
 
  犬山城 (国宝)
 愛知県犬山市にあった城である。 国宝の一つ
 
別名は白帝城、木曽川沿いの高さ約88メートル
 ほどの丘に築かれた平山城である
   
 
          木曽川対岸より夕日の犬山城   
     犬山藩歴代藩 
  小笠原家:譜代5万
  平岩家 :11万石 (尾張藩家老)
  成瀬家 :3万石 (尾張藩家老 
 天守閣より木曽川の堰を見る。
 御嶽山も見える 
 
 清州城   清州城   清州城
     
 愛知県清須市一場にあった城。平城
 信長は、この城から桶狭間の戦いに
 出陣するなど、約10年間清須を居城とした。
 望楼型3重4階 1989年RC造模擬 
 織田信長がたおれて、跡目相続で清洲会議後、
 織田信雄が城主となる
 1595年)には福島正則の居城
 慶長12年(1607年)には家康の九男徳川義直
 慶長14年(1609年)名古屋と統合され廃城となる。 
 天守閣の最上階より名古屋城を望む 
 
 名古屋城 日本100名城(44番)   名古屋城  名古屋城
愛知県名古屋市。平城 日本100名城44番
名古屋城は、織田信長誕生の城とされる。
別名金鯱城、金城、柳城、亀屋城、蓬左城。
姫路城、熊本城とともに日本三名城に数えられる
         天守閣と西南隅櫓
 徳川氏の支系徳川御三家の一つで、尾張藩主の家系
 徳川御三家の一つでもある尾張徳川家17代の居城
 徳川御三家中の筆頭格
 正門(榎多門)の菊人形
 尾張藩主 徳川光友公
  
 
岩崎城   岩崎城   岩崎城 
        
愛知県日進市岩崎)にあった戦国時代の平山城
天正12年(1584年)に起きた岩崎城の戦いとは、
小牧・長久手の戦いのうち長久手の戦いの緒戦と
なった戦いである。 
 昭和62年(1987年)には、展望塔として五重構造の
 天守閣(模擬天守)が築城、「岩崎城址公園」として
 整備された 
   岩崎城の駐車場と入口 お城好きの友人 
 
 吉田城 続日本100名城(151番)  吉田城  吉田城 
   
 愛知県豊橋市今橋町、豊橋公園内)にあった城
 幕藩体制の下で吉田城に三河吉田藩の
 藩庁が置かれた別名:吉祥郭、峯野城、歯雑城。
   三河吉田藩歴代藩主
 松平(竹谷)家3万石→松平(深溝)家3万石→
 小笠原家4万石→牧野家8万石→
 松平(大河内)家7万石  
 吉田城は豊川と朝倉川合流地点に立地。
 天守閣はなく画像の鉄櫓が代わりとなる  
 
  岡崎城 日本100名城(45番)   岡崎城
 
    岡崎城  別名:龍城 
(愛知)2013.11撮影 連郭式平山城
徳川家康の生地である。1452年西郷稠頼・頼嗣築城
     岡崎藩歴代藩主
 本多家 4代 5万石、水野家 7代 6万
 松平家(松井)1代 5万
 本多家 6代 5万石 幕末
 
      
 
 浜松城 続日本100名城(148番)  浜松城  浜松城
 
  浜松城 別名:出世城  半円郭式平城
 1570年)に家康は武田信玄の侵攻に備えるため
 本拠地を三河国岡崎から遠江国曳馬へ移した。
 野面積みの石垣で有名
      浜松藩歴代藩主
 松平(桜井)家5万石→太田家3万石→青山家 5万石
 松平(本庄)家7万石→松平(大河内・長沢)家7万石
 松平(本庄)家7万石→井上家6万石→水野家5万石
 井上家6万石 
 垣が有名で家康が武田との三方ヶ原での
 逃げ込んだ居城  
 
掛川城 日本100名城(42番)  掛川城 掛川城 
     
   掛川城  別名:懸川城、懸河城、雲霧城、
 慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは山内一豊は
 居城である掛川城を真先に家康に提供する、

    掛川藩歴代藩主
 松平(久松)家1万石→安藤家3万石→
 松平(桜井)家4万石→井伊家3.5万石→
 小笠原家6万石→太田家5万石 
 豊臣時代に山内一豊の居城で、関ヶ原開戦前に
 徳川家康に引き渡して味方した功績で土佐国を
 与えられた有名な話である。 
 
小山城   小山城   小山城 
   
 静岡県榛原郡吉田町にかつてあった城である。
 今川氏を倒した武田氏により、1571年築城された。
 1582年(天正10年)、甲州征伐のため駿河・甲斐に
 向け出陣した徳川家康の攻撃を受け落城した。
 江戸時代は藩と城はない 
   土塁と橋を復元
 城内部には地元刀工島田義助系の刀剣が多く展示 
    天守閣より富士山を望む 
 
 
お城 top HOME